クリーナーのひみつ

重曹

アルカリ&クレンザー効果。コゲ・油・皮脂もおまかせ!

重曹はふくらし粉や薬としても使われてきて、洗剤がなかった頃からお掃除にも使われてきた天然クリーナーです。
ざらざらした粒の研磨作用と、アルカリ性の性質で油汚れなど酸性の汚れを中和します。

  • 昔から使われた安心素材
    洗剤のなかった頃から使われてきた
    アルカリ性クリーナーなので、
    安心です。
  • 油汚れをやさしく落とす
    油汚れや汗・手アカなど皮脂汚れを
    中和します。重曹は中性に近く
    マイルドなので、手に
    やさしく使えます。
  • クレンザー効果
    水に溶けにくい粉末タイプは、
    ざらざらしたクレンザー効果で
    汚れをこすり落とします。

重曹と普通の洗剤との違いって?重曹と普通の洗剤との違いって?

  • 界面活性剤を使った合成洗剤ではないため、そのまま流しても自然を汚しません。
  • 食品用の重曹とお掃除用の重曹は、製造工程での管理の仕方が違います。
    食べ物としての衛生管理をしているかどうかの違いなので、お掃除用の重曹をお料理に使うのはおすすめしませんが、成分や性質は同じです。

重曹はこんなところの汚れ落としが得意!重曹はこんなところの汚れ落としが得意!

  • 鍋のコゲ落とし

    粉末は水に溶けにくいので、鍋のコゲ汚れにはざらざらした粒の研磨作用でコゲ汚れをこすり落とすことができます。
  • キッチンの壁の油

    アルカリ性なので、油汚れやなどの酸性汚れを中和して落とします。泡スプレーならキッチンの壁の油落としに最適です。
  • リビングの手アカ・足アカ

    皮脂・アカ汚れなども酸性汚れなので、アルカリ性で中和して落とします。シートなら、溶かして重曹水をつくる手間も省けてラクチン。

ナチュラルクリーニング研究家
佐光 紀子さん
イチオシの使い方


シェイカーで粉をふりかける

レンジの天板、ゴトク、ガスレンジの受皿など、
広い範囲の汚れ落としには、シェイカーがオススメ!


  • シェイカー

  • スポンジ
1
全体にシェイカーでうっすらと粉末をふりかけます。
2
スポンジなどで汚れをこすりおとし、ふき取ります。

重曹を使ったお掃除の活用方法重曹を使ったお掃除の活用方法

  • 鍋の
    コゲ落としに

  • レンジの天板、ゴトク、
    ガスレンジの受け皿などに

  • キッチンの
    軽いはね油に

  • 魚焼き
    グリルに

  • 三角
    コーナーに

  • お風呂の
    皮脂・アカ汚れに

  • フローリングワイパーに
    つけて床そうじに

  • テーブルなどの
    手アカ汚れに

重曹での掃除に向いてない場所重曹での掃除に向いてない場所

  • べとべと、こびりつき油汚れ

    重曹は中性に近いマイルドなアルカリ性クリーナーです。しつこいべとべと油やこびりついてしまった汚れはセスキ炭酸ソーダ電解水の方がよく落ちます。
  • 白い水アカ汚れ

    水まわりやポットの中の白く固まった水あか汚れは、酸性クリーナーのクエン酸で溶かして落とすのが効果的です。
  • トイレのニオイや黄ばみ汚れ

    トイレのアンモニアのニオイや汚れはアルカリ性なので、酸性クリーナーのクエン酸で中和して落とします。
  • 服のシミやまな板・食器の漂白

    重曹は水に溶けにくく、また漂白効果もありません。しみついた汚れを漂白するのは過炭酸ナトリウムがおすすめです。

扱う上で気をつけるポイント扱う上で気をつけるポイント

  • アルミや銅に使うと黒ずんでしまいます。
  • 粉末を使うときには、漆器や大理石、貴金属などはキズがついてしまうことがあります。
  • 商品ラインナップ
  • 汚れ落とし大事典