クリーナーのひみつ

セスキ炭酸ソーダ

べとべと油汚れも落とす!

セスキ炭酸ソーダは天然の鉱石から作られる強めのアルカリ性クリーナー。重曹では落ちにくかったべとべと汚れもすっきり落とします。水に溶けやすいから幅広く使えます!

  • 鉱石からできた天然成分
    天然の鉱石から精製した、
    手荒れの少ないアルカリ性
    クリーナー。
  • べとべと油汚れや手アカを落とす
    強めのアルカリ性で
    べとべと油汚れや
    手アカ・汗も中和します。
  • 水に溶けやすく使いやすい
    粉末タイプは水に溶けやすいため
    スプレー液や洗濯など
    幅広く使えます。

セスキと普通の洗剤、重曹、クエン酸との違いって?セスキと普通の洗剤、重曹、クエン酸との違いって?

  • 界面活性剤を使った合成洗剤ではないため、そのまま流しても自然を汚しません。
  • 重曹よりも強めのアルカリ性のため、重曹では落ちにくかったべとべとの油汚れもすっきり落とすことができます。
  • セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすく、重曹は溶けにくいという違いがあります。スプレー液を作ったり洗濯に使うなど水に溶かすならセスキ炭酸ソーダ、粉末のままざらざらしたクレンザー効果でこすり掃除をするなら重曹がおすすめです。
  • クエン酸は酸性のクリーナーのため、油汚れではなく水アカやトイレの汚れを落とすのが得意です。

セスキ炭酸ソーダはこんなところの汚れ落としが得意!セスキ炭酸ソーダはこんなところの汚れ落としが得意!

  • べとべと油汚れ

    酸性の油汚れをアルカリ性のセスキ炭酸ソーダが中和して落とします。べとべとの油汚れも強めのアルカリ性で落とします。
  • 手アカ・皮脂汚れ

    壁や家具についた手アカや、床についた汗と皮脂の足あとの汚れも酸性汚れのため、アルカリ性で中和して落とします。
  • 衣類の洗濯

    セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすいので、お洗濯の際に洗剤代わりに使うこともできます。

ナチュラルクリーニング研究家
佐光 紀子さん
イチオシの使い方


カレー鍋にセスキ炭酸ソーダ

カレー鍋はいきなりスポンジ洗いするよりも、
セスキ炭酸ソーダをふりかけるのがオススメです!
カレーのべとべと油をセスキ粉末が吸収するので、
スクレーパーやキッチンペーパーでスッキリふき取れます!


  • シェイカー

  • スクレーパーまたは
    キッチンペーパー
1
カレーの汚れ全体にうっすらと粉末をふりかけます。
※カレーの汚れが固まる前にふりかけてください。
2
スクレーパーやキッチンペーパーで汚れをふき取ります。
3
水かお湯ですすいで仕上げます。

※アルミ・銅には使えません

セスキ炭酸ソーダを使ったお掃除の活用方法セスキ炭酸ソーダを使ったお掃除の活用方法

  • ガスコンロの
    べとべと油汚れに

  • カレーなどをつくった
    べとべとのお鍋に

  • レンジフードの
    べったり油汚れに

  • 壁の
    とびちり油に

  • 壁紙の手アカ、
    床の足アカ汚れに

  • 衣類の
    お洗濯に

セスキ炭酸ソーダでの掃除に向いてない場所セスキ炭酸ソーダでの掃除に向いてない場所

  • コゲなどのかたい汚れ
    固まった汚れは物理的にけずり取る必要があるため、水に溶けやすいセスキ炭酸ソーダは苦手です。重曹を粉末のまま使うと、クレンザー効果で汚れを落としやすくなります。
  • 白い水アカ汚れ
    水まわりやポットの中の白く固まった水あか汚れは、酸性クリーナーのクエン酸で溶かして落とすのが効果的です。
  • トイレのニオイや黄ばみ汚れ
    トイレのアンモニアのニオイや汚れはアルカリ性なので、酸性クリーナーのクエン酸で中和して落とします。
  • 服のシミやまな板・食器の漂白
    重曹は水に溶けにくく、また漂白効果もありません。しみついた汚れを漂白するのは過炭酸ナトリウムがおすすめです。

扱う上で気をつけるポイント扱う上で気をつけるポイント

  • アルミや銅に使うと黒ずんでしまいます。
  • 毛や絹、革製品のタンパク質も分解してしまうため使えません。
  • 商品ラインナップ
  • 汚れ落とし大事典